専攻について

専攻

専攻

行政政策学類では、単に幅広い科目を揃えるだけではなく、高度な専門性を持った人材を育成するために、2年次以上に専攻制を導入しています。

1年の後期に専攻を選択することで、多様な科目から幅広い教養を学びながら、同時に各自が求める専門性を修得できるように配慮しています。

専攻には、「法学専攻」、「地域と行政専攻」、「社会と文化専攻」の3つがありますが、専攻の枠組みはゆるやかなものであり、自分の選んだ専攻を中心としつつも、他専攻にまたがった幅広い科目を学習することができます。

「法学専攻」と「地域と行政専攻」では「法学士」の学位を、「社会と文化専攻」では「社会学士」の学位を取得することができます。

学類案内

このページの先頭へ戻る