「福島大学あぶくま学生支援基金」助成金公募

2013年06月27日 [カテゴリー:お知らせ]

            福島大学あぶくま学生支援基金                                       第3回(2013年度第2期)プロジェクト助成金公募のお知らせ

東日本大震災とそれに引き続いて起こった東京電力福島第一原発事故は、みなさんが学び、生きる前提を大きく変えることとなりました。けっして低くはない放射線に曝される生活環境の中で暮らし学び続けるべきかどうかを自らに問いながら、多くの学生さんがボランティアをはじめとした様々な活動を続けています。みなさんの活動の多様さ、ユニークさ、反響の大きさ、そしてその意義には目をみはるものがあります。

2012年10月、福島大学では、「あぶくま学生支援基金」を設立しました。この基金は、前身の行政社会学部及び行政政策学類の卒業生からなる同窓会「阿武隈会」からの出資金1,000万円をもとに、東日本大震災後の福島大学生による諸活動、たとえば、ボランティア活動をはじめとした各種社会活動や、自主的な学びを財政的に支援することを目的としています。

これまで、みなさんが活動を継続するうえでネックとなってきたのが資金の問題ではないでしょうか。大学などの公的な資金では、「食材費」や「交通費」といった費目に支出できないという制限もあり、困った経験も多かったかもしれません。本基金は、みなさんの活動に伴うこうした制約を少しでも緩和し、みなさんが、その学びや活動を可能なかぎり自由に企画し、迅速に実行できる仕組みを整えています。ぜひ、この基金を使って、みなさんの大学生活、ひいてはその人生に大きな影響を残すような活動を積極的に企画し、実現してください。

助成金の申請にあたっては、学類HP(http://www.ads.fukushima-u.ac.jp/)に掲載されている設立趣意書(資料①)や運営細則(資料②)、さらには、「助成金の申請にあたっての注意事項」(資料③)、「プロジェクト実施報告書の提出にあたっての注意事項」(資料④)等をよく読んで、その趣旨を理解したうえで、期限内に基金運営事務局まで申請してください。

それでは、多くのみなさんからの申請をお待ちしています。

                                 2013年6月26日

                              基金運営委員会委員長

                                   中川 伸二

            説明会を開催します!

基金の趣旨から申請方法、申請書を書くにあたって注意すべき点まで、基金事務局が詳しく説明します。申請を考えている皆さんは、ぜひ出席してください。

        日時:7月8日(月)12時10分~12時40分まで

場所:行政政策学類棟2階大会議室

                    

 以下の通り、福島大学あぶくま学生支援基金第3回(2013年度第2期)プロジェクト助成金申請プロジェクトを公募する。

○募集期間

    2013年6月26日(水)~7月12日(金)午後5時まで

  *なお、2013年度第2期のプロジェクトの実施期間は、2013年7月1日から2013年9月30日までの間で設定してください。

○申請書提出方法

    以下の「基金事務局」まで、福島大学あぶくま学生支援基金助成金申請書(プロジェクト活動計画書)をメールに添付して提出すること。

○審査結果の発表

    2013年7月24日(水)の予定

○問い合わせ先

福島大学あぶくま学生支援基金 基金運営事務局

960-1296

福島県福島市金谷川1

福島大学行政政策学類内

電話/ファックス(2013年度):024-548-8026

メール:abukuma-kikin@ads.fukushima-u.ac.jp

トピックス

このページの先頭へ戻る