地域と行政専攻

地域と行政専攻について

地域と行政専攻について

地域づくりを通じて地域固有の課題を解決していくには、自治体が単独で政策・施策を展開するだけでなく、市民や企業など他の主体との有機的な連携のもとに、各主体の特性を生かした新たなパートナーシップが求められます。

地域と行政専攻では、新しい地域づくりの担い手育成を実現するために、主として政治や行政、さらには市民の立場から見た政策や計画の系譜や手法を学ぶとともに、それらの意思決定に不可欠な地域の現状把握や地域情報の解析のあり方を修得します。

学類案内

このページの先頭へ戻る